Home > 研究業績

ジャーナル論文

  • 田島 祥, 村上 祐治, 内田 理, 梶田 佳孝, "スマートフォンを活用した防災マップ作成支援システムの開発と授業実践の評価", 日本教育工学会論文誌, Vol.41, Issue Suppl., pp.85-88, 2017.
  • 鈴木 壮史, 小杉 将史, 内田 理, "タッチスクリーン端末向け認証方式SWIPASSにおける認証成功率向上のための検討", 画像電子学会誌, Vol.46, No.2, pp.330-335, April 2017.
  • Osamu Uchida, Masafumi Kosugi, Gaku Endo, Takamitsu Funayama, Keisuke Utsu, Sachi Tajima, Makoto Tomita, Yoshitaka Kajita and Yoshiro Yamamoto, "A Real-Time Information Sharing System to Support Self-, Mutual-, and Public-Help in the Aftermath of a Disaster Utilizing Twitter", IEICE Transactions on Fundamentals, Vol.E99-A, No.8, pp.1551-1554, Aug. 2016.
  • Ryozo Kitajima, Ryotaro Kamimura, Osamu Uchida and Fujio Toriumi, "Identifying Important Tweets by Considering the Potentiality of Neurons", IEICE Transactions on Fundamentals, Vol.E99-A, No.8, pp.1555-1559, Aug. 2016.
  • Masafumi Kosugi, Tsuyoshi Suzuki, Osamu Uchida and Hiroaki Kikuchi, "SWIPASS: Image-Based User Authentication for Touch Screen Devices", Journal of Information Processing, Vol.24, No.2, pp.227-236, March 2016.
  • Ryozo Kitajima, Ryotaro Kamimura, Osamu Uchida, and Fujio Toriumi, "Potential Information Maximization: Potentiality-Driven Information Maximization and Its Application to Tweets Classification and Interpretation", International Journal of Computer Information Systems and Industrial Management Applications, Vol.8, pp.42-51, Jan. 2016.
  • Osamu Uchida, Toshihiro Rokuse, Makoto Tomita, Yoshitaka Kajita, Yoshiro Yamamoto, Fujio Toriumi, Bryan Semaan, Scott Robertson, and Mara Miller, "Classification and Mapping of Disaster Relevant Tweets for Providing Useful Information for Victims During Disasters", IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol.3, No.2, pp.224-232, Dec. 2015.
  • Aizhan Bizhanova and Osamu Uchida, "Product Reputation Trend Extraction from Twitter", Social Networking, Vol.3, No.4, pp.196-202, July 2014.
  • Shun Kitahara and Osamu Uchida, "Automatic Data Recording and Analysis for Tennis Matches", IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol.1, No.1, pp.58-64, Dec. 2013.
  • 玖津見 将史, 寺田 一美, 内田 理, 福江 潔也, 長 幸平, "宮城県石巻市長面浦における東日本大震災後の水質特性", 土木学会論文集B2(海岸工学) , Vol.69, No.2, pp.1096-1100, Nov. 2013.
  • 高橋 達哉, 内田 理, "Smudge攻撃への耐性を有するスマートフォン向けユーザ認証方式", 画像電子学会誌, Vol.42, No.5, pp.650-654, Sept. 2013.
  • 新井 悠矢, 内田 理, "鮮鋭度比較によるベストショット選出手法", 画像電子学会誌, Vol.42, No.5, pp.655-658, Sept. 2013.
  • Sho Aoki and Osamu Uchida, "An automatic method to generate the emotional vectors of emoticons using blog article", International Journal of Computers, Vol.5, Issue 3, pp.346-353, 2011.
  • Yosuke Horiuchi and Osamu Uchida, "A method to extract unsteadiness of concept attributes based on weblog", International Journal of Computers, Vol.5, Issue3, pp.362-369, 2011.
  • Ryotaro Kamimura, Osamu Uchida and Seiki Hashimoto, "Greedy network-growing algorithm with Minkowski distances", International Journal of General Systems, Vol.36, Issue 2, pp.157-177, Apr. 2007.
  • Manabu Shinohara, Fumiaki Motoyoshi, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "Wavelet-Based Robust Digital Watermarking Method Considering Human Visual Perception", WSEAS Trans. Signal Processing, Vol.3, Issue 2, pp.185-190, Feb. 2007.
  • Ryotaro Kamimura and Osamu Uchida, "Cost-Sensitive Greedy Network-Growing Algorithm with Gaussian Activation Functions", Neural Information Processing - Lecture Notes in Computer Sciences, Vol.3316, pp.653-658, Springer-Verlag, 2004.
  • Ryotaro Kamimura and Osamu Uchida, "Improving Feature Extraction Performance of Greedy Network-Growing Algorithm", Intelligent Data Engineering and Automated Learning - Lecture Notes in Computer Sciences,Vol.2690, pp.1056-1061, Springer-Verlag, 2003.
  • Osamu Uchida, "Maximum Generating Rate of Variable-Length Markov Random Sequences", WSEAS Transactions on Mathematics, Vol.1, pp.119-124, 2002.
  • Ryotaro Kamimura, Taeko Kamimura and Osamu Uchida, "Flexible Feature Discovery and Structural Information Control", Connection Science, Vol.13, No.4, pp.323-347, Dec. 2001.
  • Osamu Uchida and Te Sun Han, "The Optimal Overflow and Underflow Probabilities of Variable-Length Coding for the General Source", IEICE Transactions on Fundamentals, Vol.E84-A, No.10, pp.2457-2465, Oct. 2001.
  • Te Sun Han and Osamu Uchida, "Source Code with Cost as A Nonuniform Random Number Generator", IEEE Transactions on Information Theory, Vol.46, No.2,pp.712-717, March 2000.
  • 内田 理, 植松 友彦, "符号語のコストを考慮した有ひずみユニバーサル情報圧縮", 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J82-A, No.1, pp.104-111, Jan. 1999.
  • 内田 理, 遠藤 哲郎, "カオス的最急降下法を用いた最小値探索手法とそのBPへの応用", 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J78-A, No.11, pp.1516-1518, Nov. 1995.

国際会議(査読有)

  • Masafumi Kosugi, Keisuke Utsu, Makoto Tomita, Sachi Tajima, Yoshitaka Kajita, Yoshiro Yamamoto, Osamu Uchida, "A Twitter-Based Disaster Information Sharing System", IEEE 4th International Conference on Computer and Communication Systems, Feb. 2019. (accepted)
  • Shuji Nishikawa, Nozomi Tanaka, Keisuke Utsu, Osamu Uchida, "Time Trend Analysis of “#Rescue” Tweets During and After the 2017 Northern Kyushu Heavy Rain Disaster", 5th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management, Dec. 2018.
  • Sanetoshi Yamada, Keisuke Utsu, Osamu Uchida, "An Analysis of Tweets During the 2018 Osaka North Earthquake in Japan - A Brief Report", 5th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management, Dec. 2018.
  • Sanetoshi Yamada, Sachi Tajima, Yoshitaka Kajita, Osamu Uchida, Yoshiro Yamamoto, "Visualization System for Disaster Prevention Awareness by Questionnaire of Junior High and High School Students", 16th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, Nov. 2018.
  • Ryo Otaka, Osamu Uchida, Keisuke Utsu, "Prototype of Notification and Status Monitoring System Using LINE Smartphone Application to Support Local Communities", ISCRAM Asia Pacific 2018, Nov. 2018.
  • Shuji Nishikawa, Osamu Uchida, Keisuke Utsu, "Introduction of a Tracking Map to a Web Application for Location Recording and Rescue Request", ISCRAM Asia Pacific 2018, Nov. 2018.
  • Keisuke Utsu, Junki Saito, Osamu Uchida, "Sentiment Polarity Estimation of Emoticons by Polarity Scoring of Character Components", Proc. 2018 IEEE Region Ten Symposium, July 2018.
  • Taisei Mokutani, Keisuke Utsu, Osamu Uchida, "A Disaster-Related Information Provision System for Inducing Prompt Behavior to Ensure Safety", Proc. The 9th International Conference on Society and Information Technologies, March 2018.
  • Sachi Tajima, Osamu Uchida, Keisuke Utsu, Makoto Tomita, Yoshitaka Kajita, Yoshiro Yamamoto, "Information Behavior of University Students Living Outside the Disaster Area after the Kumamoto Earthquake", Proc. The 9th International Conference on Society and Information Technologies, March 2018.
  • Taishi Saito, Osamu Uchida, "Automatic Labeling to Classify News Articles Based on Paragraph Vector", Proc. 18th International Conference on Artificial Intelligence, Knowledge Engineering and Data Bases, Feb. 2018.
  • An Hoang, Keisuke Utsu, Osamu Uchida, "Disaster Evacuation Support System Considering User's Situation", Proc. 18th International Conference on Artificial Intelligence, Knowledge Engineering and Data Bases, Feb. 2018.
  • Masafumi Kosugi, Keisuke Utsu, Sachi Tajima, Makoto Tomita, Yoshitaka Kajita, Yoshiro Yamamoto, Osamu Uchida, "Improvement of Twitter-based Disaster-related Information Sharing System", Proc. 4th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management, Dec. 2017.
  • Keisuke Utsu, Ayami Manaka, Koki Nakafuri, Osamu Uchida, "Web Application Prototype for Collecting Disaster-related Information Focusing on Tweets Immediately after Retweeting News Posts", Proc. 4th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management, Dec. 2017.
  • Takamitsu Funayama, Yoshiro Yamamoto, Osamu Uchida, "Development of Visualization Application of Tweet Data for Extracting Information in case of Disaster", Proc. 15th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, Nov. 2017.
  • Taishi Saito, Osamu Uchida, "Automatic Labeling for News Article Classification Based on Paragraph Vector", Proc. 9th International Conference on Information Technology and Electrical Engineering, Oct. 2017.
  • Hiroto Funakoshi, Keisuke Utsu, Osamu Uchida, "Information Providing System for Commuters Unable to Get Home at the Time of Disaster by Constructing Local Network using Single-board Computers", Proc. 23rd International Conf. on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, July 2017.
  • Taisei Mokutani, Osamu Uchida, "Safety Confirmation System for Disaster Situations Using Wristwatch-type Terminals", Proc. 23rd International Conf. on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, July 2017.
  • Takamitsu Funayama, Yoshiro Yamamoto, Osamu Uchida, "Extraction of the Information from Tweet Data in Case of the Disaster using Visualization", Proc. 23rd International Conf. on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, July 2017.
  • Shusaku Tokunaga, Ayami Manaka, Osamu Uchida, Keisuke Utsu, "A Disaster-related Information Gathering Method by Focusing on Tweets Posted Immediately after Retweeting of News Posts about Kumamoto Earthquake", Proc. 23rd International Conf. on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, July 2017.
  • Mariko Abe, Osamu Uchida, Keisuke Utsu, "Operability Improvement of Twitter-based Safety Confirmation System for Disaster Situations", Proc. 23rd International Conf. on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, July 2017.
  • Shuji Nishikawa, Yuuto Ohtsuka, Osamu Uchida, Hiroshi Ishii, Keisuke Utsu, "A Web Application for Location Recording and Rescue Request Using Twitter", Proc. 23rd International Conf. on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, July 2017.
  • Mariko Abe, Ayami Manaka, Osamu Uchida, Keisuke Utsu, "Twitter-based T-@npi Safety Confirmation System for Disaster Situations", 14th International Conference on Information Systems for Crisis Response and Management, May 2017.
  • Shusaku Tokunaga, Ayami Manaka, Osamu Uchida, Keisuke Utsu, "Collection of Disaster-related Twitter Posts by Focusing on Posts Tweeted after Retweeting News Post of Kumamoto Earthquake", 14th International Conference on Information Systems for Crisis Response and Management, May 2017.
  • Osamu Uchida, Masafumi Kosugi, Keisuke Utsu, Sachi Tajima, Makoto Tomita, Yoshitaka Kajita, Yoshiro Yamamoto, "DITS & DIMS 2: Disaster-related Information Tweeting and Mapping System Version 2", 14th International Conference on Information Systems for Crisis Response and Management, May 2017.
  • Shoka Kato, Osamu Uchida, Kazumi Terada, Kiyonari Fukue, Kohei Cho, Toshiaki Sato, "TERM MAP: Development of Tohoku District Environment Recovery Monitoring Map", Proc. Image Electronics and Visual Computing Workshop 2017, March 2017.
  • Tsuyoshi Suzuki, Masafumi Kosugi, Osamu Uchida, "Improvement of Attack Resistance for the User Authentication Method for Touch Screen Devices "SWIPASS" by Image Blurring", Proc. Image Electronics and Visual Computing Workshop 2017, March 2017.
  • Yuuto Ohtsuka, Osamu Uchida, Hiroshi Ishii and Keisuke Utsu, "A Smartphone Application for Location Recording and Rescue Request Using Twitter", Proc. 31st International Conference on Information Networking, Jan. 2017.
  • Keisuke Utsu, Rie Abe, Ayami Manaka, Akio Ogata, Yoshiro Yamamoto, Hiroshi Ishii, Osamu Uchida, "T-@npi: A Twitter-Based Safety Confirmation System", Proc. IEEE TENCON 2016, pp.2242-2246, Nov. 2016.
  • Rie Abe, Ayami Manaka, Mana Tsutsumi, Ayaha Suzaki, Osamu Uchida, Hiroshi Ishii, Keisuke Utsu, "T-c@re: A Twitter-Based Status Monitoring System", Proc. IEEE TENCON 2016, pp.2247-2250, Nov. 2016.
  • Ayami Manaka, Shiori Kodama, Akio Ogata, Osamu Uchida, Yoshiro Yamamoto, Hiroshi Ishi, Keisuke Utsu, "Collection of Disaster-related Information by Focusing on Twitter Posts Immediately after Retweeting Announcement Posts", Proc. IEEE TENCON 2016, pp.2251-2255, Nov. 2016.
  • Kohei Cho, Ryouta Uemachi, Kiyonari Fukue, Osamu Uchida, Kazumi Terada, Kentaro Takemura, Hiroyuki Wakabayashi, Toshiaki Sato, Chi-Farn Chen, "Recovery Monitoring of Tsunami damaged Paddy Fields using MODIS NDVI", 37th Asian Conference on Remote Sensing, Nov. 2016.
  • Keisuke Utsu, Akio Ogata, Kunihiko Sakurai, Mana Tsutsumi, Ayaha Suzaki, Rie Abe, Ayami Manaka, Hiroshi Ishii, Osamu Uchida, "Prototype Development of Twitter-Based Safety Confirmation System for Disaster", Proc. 22nd International Conf. on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, July 2016.
  • Takamitsu Funayama, Yoshiro Yamamoto, Makoto Tomita, Yoshitaka Kajita and Osamu Uchida, "Disaster Mitigation Support System using Web Services and SNS Information", Proc. 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, pp.42-45, Nov. 2015.
  • Osamu Uchida, Masafumi Kosugi, Gaku Endo, Takamitsu Funayama, Keisuke Utsu, Sachi Tajima, Makoto Tomita, Yoshitaka Kajita and Yoshiro Yamamoto, "A Real-Time Disaster-Related Information Sharing System Based on the Utilization of Twitter", Proc. 5th International Conference on Social Media Technologies, Communication, and Informatics, pp.22-25, Nov. 2015.
  • Ryozo Kitajima, Ryotaro Kamimura, Osamu Uchida and Fujio Toriumi, "Neural Potential Learning for Tweets Classification and Interpretation", Proc. 7th International Conference on Soft Computing and Pattern Recognition, pp.141-148, Nov. 2015.
  • Kohei Cho, Kiyonari Fukue, Osamu Uchida, Kazumi Terada, Hiroyuki Wakabayashi, Toshiaki Sato, Chi-Farn Chen, "A Study on Detecting Disaster Damaged Areas", 36th Asian Conference on Remote Sensing, Oct. 2015.
  • Takamitsu Funayama, Yoshiro Yamamoto, Makoto Tomita, Osamu Uchida and Yoshitaka Kajita, "Disaster mitigation support system using Twitter and GIS", Proc. 12th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, pp.18-23, Nov. 2014.
  • Shun Kitahara and Osamu Uchida, "Useful Information Extraction and Providing System from Video of Tennis Match", Proc. 8th International Conference on Communications and Information Technology, pp.72-76, Jan. 2014.
  • Hiroki Ogawa and Osamu Uchida, "Automatic LED Pedestrian Light Recognition System Designed to Assist Walking of Visually Impaired People", Proc. 8th International Conference on Communications and Information Technology, pp.312-317, Jan. 2014.
  • Daiki Saito, Yuji Wakebe and Osamu Uchida, "Extraction of Personal Name Aliases Using Wikipedia", Proc. MJIIT-JUC Joint International Symposium 2013, pp.333-336, Nov. 2013.
  • Naoto Kondo and Osamu Uchida, "A Topic Providing System Based on the Personal Preference Estimated from Tweets", Proc. MJIIT-JUC Joint International Symposium 2013, pp.345-348, Nov. 2013.
  • Hikaru Enomoto, Osamu Uchida and Fujio Toriumi, "Extraction of Effective Feature for False Rumor Detection by Analysis of Tweets at the Time of Great East Japan Earthquake", Proc. MJIIT-JUC Joint International Symposium 2013, pp.353-356, Nov. 2013.
  • Toshihiro Rokuse, Suguru Nagashima, Osamu Uchida and Fujio Toriumi, "An Information Service System at the Time of Large-Scale Disaster Using Twitter", Proc. MJIIT-JUC Joint International Symposium 2013, pp.337-340, Nov. 2013.
  • Yutaro Aoki, Osamu Uchida, Kazumi Terada, Yuki Sato, Kiyonari Fukue and Kohei Cho, "Construction of a Web-Based System to Present the Status of the Earthquake Disaster Recovery", Proc. MJIIT-JUC Joint International Symposium 2013, pp.341-344, Nov. 2013.
  • Thongkam Chaiyapruk and Osamu Uchida, "Automatic Emoji Generation Method from Facial Expression Using Kinect", Proc. MJIIT-JUC Joint International Symposium 2013, pp.357-360, Nov. 2013.
  • Masafumi Kosugi and Osamu Uchida, "An Automatic Video Creation Method Based on Music Characteristics", Proc. 6th International Workshop on Image Media Quality and its Applications, pp.162-165, Sept. 2013.
  • Aizhan Bizhanova and Osamu Uchida, "Product Reputation Trend Extraction from Twitter Micro Blogging", Proc. IADIS International Conference on e-Society 2013, pp.411-415, March 2013.
  • Hiroki Ogawa and Osamu Uchida, "Automatic Pedestrian Light Recognition System Designed to Assist Walking of Visually Impaired People", Proc. IADIS International Conference on e-Society 2013, pp.482-486, March 2013.
  • Shun Kitahara and Osamu Uchida, "Automatic Data Recording and Analyzing System for Tennis", Proc. IIEEJ Image Electronics and Visual Computing Workshop 2012, Nov. 2012.
  • Yuta Goto and Osamu Uchida, "Two-Dimensional Code Generating Method Considering Design and Visibility", Proc. IADIS International Conference E-Society 2012, pp.526-530, 2012.
  • Sho Aoki and Osamu Uchida, "A method for automatically generating the emotional vectors of emoticons using weblog articles", Proc. 10th WSEAS International Conference on Applied Computer and Applied Computational Science, pp.137-141, 2011.
  • Yosuke Horiuchi and Osamu Uchida, "Extraction of unsteadiness of concept attributes using weblog articles", Proc. 10th WSEAS International Conference on Applied Computer and Applied Computational Science, pp.132-136, 2011.
  • Takumi Toyoshima, Atsushi Suzuki and Osamu Uchida, "Music recommendation system based on graffiti image", Proc. of the Image Electronics and Visual Computing Workshop 2010, 2010.
  • Yuta Goto and Osamu Uchida, "Recognizable digital watermarking for printed materials embedding in hue component", Proc. of the Image Electronics and Visual Computing Workshop 2010, 2010.
  • Osamu Uchida, Takumi Toyoshima, Nan Zhang, Asami Inoue, Nao Kondo, Akio Ikemura, Makoto Tomita and Takayuki Nakamura, "PICTORI: Instant communication based on location and time sharing", Proc. IADIS International Conf. on WWW/Internet 2009, pp.135-138, 2009.
  • Yosuke Horiuchi and Osamu Uchida, "A falsification prevention method for face authentication using light", Proc. of 5th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, pp.909-912, 2009.
  • Yuta Goto and Osamu Uchida, "Digital watermarking method for printed materials with embedded data in the hue component", Proc. of 5th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, pp.148-152, 2009.
  • Miki Matsumoto, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "A Robust Face Detection Method Using Probability Maps", Proc. of 2008 WSEAS International Conference on Computer Engineering and Applications, pp.79-84, 2008.
  • Kazuya Tomizawa and Osamu Uchida, "Design of Information Distribution System for Cellular Phones Based on Preferences and Movement Records of User", Proc. of 2008 WSEAS International Conference on Computer Engineering and Applications, pp.100-105, 2008.
  • Miki Matsumoto, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "A Robust Face Detection Method Using Wavelet Transform", Proc. of IIEEJ Image Electronics and Visual Computing Workshop 2007, 2007.
  • Manabu Shinohara, Fumiaki Motoyoshi, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "Wavelet-Based Robust Digital Watermarking Considering Human Visual System", Proc. of 2007 WSEAS International Conference on Computer Engineering and Applications, pp.177-180, 2007.
  • Tosihiro Akiyama, Fumiaki Motoyoshi, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "Hybrid Digital Watermarking for Color Images Based on Wavelet Transform", Proc. IADIS International Conference Applied Computing 2006, San Sebastian, Spain, Feb. 2006.
  • Hiroaki Yoshikawa, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "Web Content Transducing System for Cellular Phones", Proc. International Conference on Internet and Web Applications and Services, Guadeloupe, French Caribbean, Feb. 2006.
  • Ryotaro Kamimura and Osamu Uchida, "Cost-Sensitive Greedy Network-Growing Algorithm with Gaussian Activation Functions", Proc. 11th International Conference on Neural Information Processing, Calcutta, India, Nov. 2004.
  • Ryotaro Kamimura and Osamu Uchida, "Greedy Network-Growing by Minkowski Distance Functions", Proc. 2004 International Joint Conference on Neural Networks, Budapest, Hungary, p.2837-2842, July 2004.
  • Ryotaro Kamimura and Osamu Uchida, "Information-Theoretic Self-Organizing Maps and Chemical Compound Classification", Proc. Workshop on Self-Organizing Maps 2003, Hibikino, Japan, pp.237-242, Sept. 2003.
  • Ryotaro Kamimura and Osamu Uchida, "Cost-Sensitive Information Maximization and Its Application to Image Compression", Proc. 3rd IASTED Internationl Conference on Artificial Intelligence and Applications, Benalmadena, Spain, pp.729-734, Sept. 2003.
  • Ryotaro Kamimura and Osamu Uchida, "Accelerated Greedy Network-Growing Algorithm with application to Student Survey", Proc. IASTED International Conference on Applied Simulation and Modelling, Marbella, Spain, pp.538-544, Sept. 2003.
  • Ryotaro Kamimura and Osamu Uchida, "Greedy Network-Growing Algorithm with Minkowski Distance", Proc. 7th IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Banff, Canada, pp.33-39, July 2003.
  • Ryotaro Kamimura and Osamu Uchida, "Improving Feature Extraction Performance of Greedy Network-growing Algorithm", Proc. 4th International Conference on Intelligent Data Engineering and Automated Learning, Hong Kong, March 2003.
  • Ryotaro Kamimura, Haruhiko Takeuchi and Osamu Uchida, "Progressive Feature Extraction by Extended Greedy Information Acquisition", Proc. 9th International Conference on Neural Information Processing, Singapore, pp.167-173, Nov. 2002.
  • Osamu Uchida, "Maximum Generating Rate of Variable-Length Markov Random Sequences", Proc. 3rd WSEAS International Conference on Mathematics, Miedzyzdroje, Poland, pp.1631-1636, Sept. 2002.
  • Ryotaro Kamimura, Taeko Kamimura, Osamu Uchida and Haruhiko Takeuchi, "Greedy Information Acquisition Algorithm : A New Information Theoretic Method for Network Growing", Proc. 2002 International Joint Conference on Neural Networks, Honolulu, Hawaii, USA, pp.1585-1589, May 2002
  • Ryotaro Kamimura, Taeko Kamimura and Osamu Uchida, "Hybrid Information Processing Systems to Generate Self-organizing Maps: Combining SOM and Information Maximization for Coherent Activation Patterns", Proc. 2002 International Joint Conference on Neural Networks, Honolulu, Hawaii, USA, pp.1785-1789, May 2002.
  • Ryotaro Kamimura, Taeko Kamimura and Osamu Uchida, "Self-organizing Maps and Hybrid Information Control Systems", Proc. IASTED International Conference on Applied Informatics,Innsbruck, Austria, pp.178-182, Feb. 2002.
  • Ryotaro Kamimura, Taeko Kamimura, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "Unified Information Theoretic Approach to Competitive Learning", Proc. IASTED International Conference on Applied Informatics, Innsbruck, Austria, pp.421-424, Feb. 2002.
  • Ryotaro Kamimura, Taeko Kamimura, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "Controlling Competition by Structural Information", Proc. 8th International Conference on Neural Information Processing, Shanghai, China, pp.241-246, Nov. 2001.
  • Ryotaro Kamimura, Taeko Kamimura, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "Repeated Information Maximization for Flexible Feature Discovery", Proc. 8th International Conference on Neural Information Processing, Shanghai, China, pp.259-264, Nov. 2001.
  • Ryotaro Kamimura, Taeko Kamimura, Osamu Uchida and Shohachiro Nakanishi, "Creating Self-organization Maps by Cooperative Information Control", Proc.8th International Conference on Neural Information Processing, Shanghai, China, pp.1311-1316, Nov. 2001.
  • Osamu Uchida, "Maximum Generating Rate of the Variable-Length Nonuniform Random Number", Proc. 2001 IEEE Information Theory Workshop, Cairns, Australia, pp.141-143, Sept. 2001.
  • Osamu Uchida and Te Sun Han, "The Optimal Overflow and Underflow Probabilities with Variable-Length Coding for the General Source", Proc. 2000 IEEE International Symposium on Information Theory, Sorrento, Italy, p.42, June 2000.
  • Te Sun Han and Osamu Uchida, "Source Code with Cost as a Nonuniform Random Number Generator", Proc. 2000 IEEE International Symposium on Information Theory, Sorrento, Italy, p.454, June 2000.
  • Osamu Uchida and Te Sun Han, "Overflow and Underflow Probabilities of Fixed-to-Variable Codeword Lengths for General Sources", Proc. 1999 IEEE Information Theory and Networking Workshop, Metsovo, Greece, p. 57, June 1999.
  • Osamu Uchida and Tomohiko Uyematsu, "Universal Lossy Source Codes for Unequal Code Symbol Costs", Proc.1998 IEEE International Symposium on Information Theory, Cambridge, USA, p.170, Aug. 1998.

国内学会・研究会等

  • 山田 実俊, 宇津 圭祐, 内田 理, "平成30年大阪北部地震時のツイート分析(続報): 絵文字の利用傾向", 日本災害情報学会第19回学会大会, Oct. 2018.
  • 西川 修史, 田中 希美, 大高 凌, 佐藤 宏樹, 近藤 恵, 内田 理, 宇津圭祐, "平成30年7月豪雨時の救助要請ツイートに関する分析", 電子情報通信学会 安全・安心な生活とICT研究会, Oct. 2018.
  • 田中 希美, 西川 修史, 宇津 圭祐, 内田 理, "平成29年九州北部豪雨災害における「#救助」ツイートの時間的分析", 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2018.
  • 塚田 将人, 内田 理, "平成30年2月北陸豪雪時のツイート分析", 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2018.
  • 山田 実俊, 内田 理, "平成30年大阪北部地震時のツイート分析(速報)", 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2018.
  • 船越 寛人, 内田 理, "自治体による災害被害状況把握を支援する災害関連ツイート分類", 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2018.
  • 下代 達也, 内田 理, "Mastodonによる災害情報共有を目的としたミニブログシステム", 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2018.
  • 西川 修史, 内田 理, 宇津 圭祐, "Twitterを用いた位置情報記録・救助要請のためのWebアプリケーションT-Pl@ceの改良", 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2018.
  • 杢谷 大成, 宇津 圭祐, 内田 理, "迅速な避難を促す災害情報伝達システムの実装", 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2018.
  • 内田 理, 田島 祥, 梶田 佳孝, 村上 祐治, 宇津 圭祐, 山田 実俊, "災害情報共有システムDITS・DIMSを利用した防災教育", 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2018.
  • 山田 実俊, 宇津 圭祐, 内田 理, "平成30年7月豪雨時のツイート分析(速報)", 情報処理学会第145回情報システムと社会環境研究発表会, Sept. 2018.
  • 山田 実俊, 田島 祥, 梶田 佳孝, 内田 理, 山本 義郎, "アンケート調査による中高生の災害意識の特徴分析", 日本行動計量学会第46回大会, Sept. 2018.
  • 宇津 圭祐, 西川 修史, 内田 理, "Twitterを用いた災害時安否確認システムT-@npiの救助要請機能の改良", 電子情報通信学会 ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会, July 2018.
  • 大高 凌, 内田 理, 宇津 圭祐, "LINEを用いた地域住民のためのお知らせ・見守りシステムの試作", 電子情報通信学会 ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会, July 2018.
  • 小杉 将史, 宇津 圭祐, 田島 祥, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, 内田 理, "災害情報ツイート・マッピングシステムの改良", 第46回画像電子学会年次大会, June 2018.
  • 船山 貴光, 山本 義郎, 内田 理, "災害時の Tweet 情報の経時的な変化を把握するための可視化", 日本分類学会第37回大会, June 2018.
  • 山田 実俊, 田島 祥, 梶田 佳孝, 内田 理, 山本 義郎, "中高生に対する災害意識アンケートの分析", 日本計算機統計学会第32回大会, May 2018.
  • 船越 寛人, 内田 理, "大規模災害時における自治体の意思決定の支援を目的としたツイート分類手法", 2018年電子情報通信学会総合大会, March 2018.
  • 塚田 将人, 内田 理, "平成29年7月九州北部豪雨時におけるTwitterの利用傾向", 2018年電子情報通信学会総合大会, March 2018.
  • 杢谷 大成, 宇津 圭祐, 内田 理, "迅速な安全確保行動の誘発を促す災害関連情報伝達システム", 2018年電子情報通信学会総合大会, March 2018.
  • 広木 康平, 内田 理, "利用者の状況に応じてパーソナライズされた避難情報の提供システム", 2018年電子情報通信学会総合大会, March 2018.
  • 斉藤 純輝, 内田 理, 宇津 圭祐, "特定部分の文字に着目した顔文字の感情極性判別", 電気学会通信研究会, Jan. 2018.
  • 内田 理, 小杉 将史, 笹 有輝也, 有田 亮平, 富田 誠, 宇津 圭祐, 田島 祥, 梶田 佳孝, 山本 義郎, "災害情報共有アプリ「さいれぽ」の開発", 日本災害情報学会第19回学会大会, Oct. 2017.
  • 田島 祥, 内田 理, 宇津 圭祐, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, "災害時のSNS投稿に対する行動意図を予測する諸要因-平時のTwitter利用との関連-", 日本災害情報学会第19回学会大会, Oct. 2017.
  • 宇津 圭祐, 阿部 満里子, 内田 理, "T-@npi 災害時安否確認システム", 日本災害情報学会第19回学会大会, Oct. 2017.
  • 西川 修史, 内田 理, 宇津 圭祐, "Twitterを用いた位置情報記録・救助要請のためのWebアプリケーション", 日本災害情報学会第19回学会大会, Oct. 2017.
  • Pattamon Tabtieang, Osamu Uchida, "A Line-based Disaster Information Notification System for Areas Affected by Tsunami in Thailand", 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2017.
  • 小杉 将史, 笹 有輝也, 有田 亮平, 富田 誠, 内田 理, "さいれぽ", マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム, June 2017.
  • 宇津 圭祐, 中振 弘貴, 眞中 絢美, 内田 理, "Twitterにおけるニュース投稿のリツイート直後の投稿に着目した情報収集システムの試作", 電子情報通信学会 安全・安心な生活とICT研究会, May 2017.
  • 西川 修史, 大塚 湧斗, 内田 理, 宇津 圭祐, "Twitterを用いた位置情報記録・救助要請発信のためのWebアプリケーションの試作", 電子情報通信学会 安全・安心な生活とICT研究会, May 2017.
  • 阿部 満里子, 眞中 絢美, 内田 理, 長 幸平, 宇津 圭祐, "Twitterを用いた災害時安否確認システムT-@npiの改良", 2017年電子情報通信学会総合大会, March 2017.
  • 須崎 綾巴, 堤 雅菜, 眞中 絢美, 染谷 拓巳, 小野 寿平, 児玉 史緒里, 内田 理, 宇津 圭祐, "熊本地震におけるニュース投稿のリツイート後の投稿に着目した災害関連情報の収集", 2017年電子情報通信学会総合大会, March 2017.
  • 徳永 柊作, 澁谷 樹, 眞中 絢美, 中振 弘貴, 阿部 満里子, 内田 理, 宇津圭祐, "熊本地震におけるニュース投稿のリツイート後の投稿に着目した災害関連情報の自動収集に関する考察", 2017年電子情報通信学会総合大会, March 2017.
  • 齋藤 大志, 内田 理, "Paragraph Vectorに基づくニュース記事分類のための自動ラベリング", 2017年電子情報通信学会総合大会, March 2017.
  • 船山貴光, 山本 義郎, 内田 理, "熊本地震後のTweetデータからの有益な情報の抽出と分類", 日本分類学会第35回大会, March 2017.
  • 加藤 勝何, 内田 理, 寺田 一美, 福江 潔也, 長 幸平, 佐藤俊明, "東北環境再生モニタリングマップにおける震災時ツイート提示機能の実装", 情報処理学会第101回グループウェアとネットワークサービス研究会, March 2017.
  • 遠藤 岳, 六瀬 聡宏, 内田 理, "大規模災害時における情報のマッピングを目的としたツイート語義曖昧性解消", 情報処理学会第101回グループウェアとネットワークサービス研究会, March 2017.
  • 寺田 一美, 佐藤 勇喜, 内田 理, 長 幸平, "東日本大震災浸水域における表層土壌塩分の経年調査", 土木学会関東支部第44回技術研究発表会, March 2017.
  • 船山貴光, 山本 義郎, 内田 理, "災害時の情報収集のためのTwitterデータの解析", 第16回西東京統計研究会, Feb. 2017.
  • 内田 理, 小杉 将史, 宇津 圭祐, 田島 祥, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, "Twitterを用いた災害時向け情報共有システム", 日本災害情報学会第18回学会大会, Oct. 2016.
  • 田島 祥, 内田 理, 宇津 圭祐, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, "熊本地震発生後の大学生の情報行動-SNSでの情報発信を中心に-", 日本災害情報学会第18回学会大会, Oct. 2016.
  • 鈴木 壮史, 小杉 将史, 内田 理, "ボロノイ図を用いた画像の不鮮明化によるタッチスクリーン端末向け認証方式SWIPASSの攻撃耐性向上に関する検討", 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2016.
  • 遠藤 岳, 内田 理, 小杉 将史, 宇津 圭祐, 田島 祥, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, "帰宅困難者対策訓練における災害情報共有システムの利用", 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2016.
  • 加藤 勝何, 内田 理, 寺田 一美, 福江 潔也, 長 幸平, 佐藤俊明, "TERM MAP: 東北環境再生モニタリングマップの構築", 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2016.
  • 宇津 圭祐, 阿部 満里子, 保田 あや, 眞中 絢美, 内田 理, "Twitterを用いた災害時安否確認システムの提案", 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2016.
  • 大塚 湧斗, 内田 理, 宇津 圭祐, "Twitterと位置情報蓄積による緊急時支援スマートフォンアプリの試作", 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2016.
  • 眞中 絢美, 児玉 史緒里, 内田 理, 石井 啓之, 宇津 圭祐, "告知投稿のリツイート直後の投稿に着目した災害関連情報の抽出に関する検討", 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, Sept. 2016.
  • 北島 良三, 上村 龍太郎, 内田 理, "社是に含まれる業績に影響を与える単語に関する研究 -TF-IDFと共起語を切り口にした解析-", 第32回ファジィシステムシンポジウム, Sept. 2016.
  • 鈴木 壮史, 小杉 将史, 内田 理, "タッチスクリーン端末向け認証方式SWIPASSにおける攻撃耐性向上に関する検討", 画像電子学会第44回年次大会, June 2016.
  • 小杉 将史, 船越 寛人, 宇津 圭祐, 田島 祥, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, 内田 理, "災害情報ツイートシステムDITSの平時利用可能システムへの拡張", 電子情報通信学会 安全・安心な生活とICT研究会, June 2016.
  • 阿部 りえ, 堤 雅菜, 須崎 綾巴, 櫻井 邦彦, 保田 あや, 眞中 絢美, 内田 理, 石井 啓之, 宇津 圭祐, "Twitterを利用した見守りシステムの試作", 電子情報通信学会 安全・安心な生活とICT研究会, June 2016.
  • 尾形 秋生, 眞中 絢美, 櫻井 邦彦, 堤 雅菜, 須崎 綾巴, 阿部 りえ, 内田 理, 石井 啓之, 宇津 圭祐, "Twitterを用いた災害時安否確認システムの構築と通信インフラ不能時利用への展開", 電子情報通信学会 安全・安心な生活とICT研究会, June 2016.
  • 小杉 将史, 船越 寛人, 宇津 圭祐, 田島 祥, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, 内田 理, "災害情報共有システムへのMGRSコードの導入", 情報処理学会第98回グループウェアとネットワークサービス研究会, March 2016.
  • 古橋 慎之介, 内田 理, "非典型度と評価極性に基づくカスタマーレビューのクラスタリングとその可視化", 言語処理学会第22回年次大会, March 2016.
  • 鈴木 壮史, 小杉 将史, 内田 理, 菊池 浩明, "タッチスクリーン端末向け認証方式SWIPASSにおける認証成功率向上に関する検討", 画像電子学会第276回研究会, March 2016.
  • 加藤 勝何, 内田 理, 寺田 一美, 福江 潔也, 長 幸平, 佐藤 俊明, "東日本大震災復興マップの構築", 画像電子学会第276回研究会, March 2016.
  • 青木 将知, 小杉 将史, 鈴木 壮史, 内田 理, "録画攻撃への耐性を有するスワイプ型画像認証方式", 画像電子学会第276回研究会, March 2016.
  • 児玉 史緒里, 眞中 絢美, 内田 理, 石井 啓之, 宇津 圭祐, "告知投稿のリツイート直後のツイートに着目した災害関連情報の収集", 電気学会通信研究会, Jan. 2016.
  • 遠藤 岳, 内田 理, "平成27年9月関東・東北豪雨時のツイート分析", ARG第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, Nov. 2015.
  • 古橋 慎之介, 内田 理, "可視化を目的とした非典型度と評価極性に基づくカスタマーレビューのクラスタリング", ARG第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, Nov. 2015.
  • 内田 理, 小杉 将史, 遠藤 岳, 船山 貴光, 宇津 圭祐, 田島 祥, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, "Twitterを用いた災害情報共有システム", 2015年電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ大会, Sept. 2015.
  • 北島 良三, 上村 龍太郎, 内田 理, "東証1部上場の製造業企業の社是からの特徴抽出に関する研究", 第31回ファジィシステムシンポジウム, Sept. 2015.
  • 加藤 勝何, 内田 理, "手を認識対象とするマーカレスARのための手形状認識手法", 画像電子学会第43回年次大会, June 2015.
  • 小杉 将史, 遠藤 岳, 内田 理, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, "ジオタグとハッシュタグを自動付与する災害状況報告専用Twitterクライアントと災害関連ツイートマッピングシステムの構築", 画像電子学会第43回年次大会, June 2015.
  • 北島 良三, 上村 龍太郎, 内田 理, 鳥海 不二夫, "ニューラルネットワークを用いたTweetデータの分類に関する研究", 2015年度人工知能学会全国大会, May 2015.
  • 近藤 直人, 内田 理, "Twitterを用いたLDAに基づくユーザの興味推定手法", 言語処理学会第21回年次大会, March 2015.
  • 古橋 慎之介, 内田 理, "確率的トピックモデルを用いた評判文書における意外な評価視点の発見とそれに基づく情報推薦", 言語処理学会第21回年次大会, March 2015.
  • 六瀬 聡宏, 内田 理, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, 鳥海 不二夫, "大規模災害時の情報提供を目的とした地名の曖昧性解消", 言語処理学会第21回年次大会, March 2015.
  • 青木 雄太郎, 内田 理, 寺田 一美, 福江 潔也, 長 幸平, 佐藤 俊明, "東日本大震災の再生・復興状況を提示するWebマップの構築", 画像電子学会第272回研究会, Feb. 2015.
  • 小杉 将史, 内田 理, 菊池 浩明, "SWIPASS:タッチスクリーン端末向け画像認証方式", 画像電子学会第272回研究会, Feb. 2015.
  • 六瀬 聡宏, 内田 理, 鳥海 不二夫, "大規模災害時の情報提供を目的としたツイート分類手法", 第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014), Sept. 2014.
  • 小杉 将史, 内田 理, "ご当地グルメを提供する店舗を考慮した観光経路推薦", 第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014), Sept. 2014.
  • Thongkam Chaiyapruk, 内田 理, "Kinectを利用した感情推定手法", 画像電子学会第271回研究会, Aug. 2014.
  • 小杉 将史, 内田 理, "音楽のテンポと印象を考慮した音楽向け映像生成手法", 画像電子学会第271回研究会, Aug. 2014.
  • 近藤 直人, 内田 理, "Twitterを用いた個人の特徴抽出とその情報提供ポータルサイト構築への応用", 言語処理学会第20回年次大会, March 2014.
  • 榎本 光, 内田 理, 鳥海 不二夫, "大規模災害時のツイート分析によるデマを含む話題の特徴抽出", 言語処理学会第20回年次大会, March 2014.
  • 高畑 洋貴, 六瀬 聡宏, 榎本 光, 齊藤 大樹, 近藤 直人, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, 鳥海 不二夫, 内田 理, "大規模災害時における避難支援情報の可視化", 言語処理学会第20回年次大会, March 2014.
  • 馴田 俊平, 六瀬 聡宏, 榎本 光, 齊藤 大樹, 近藤 直人, 富田 誠, 梶田 佳孝, 山本 義郎, 鳥海 不二夫, 内田 理, "エリア限定型大規模災害時情報提供システム", 言語処理学会第20回年次大会, March 2014.
  • 齊藤 大樹, 分部 裕二, 内田 理, "Wikipediaを用いた人物別名の抽出と人物判別のためのラベル付与", 言語処理学会第20回年次大会, March 2014.
  • 小杉 将史, 内田 理, "楽曲分析機能を有するVJ・DJツールの構築", 2014年電子情報通信学会総合大会, March 2014.
  • 小川浩輝, 内田 理, "視覚障がい者の歩行補助を目的としたLED式歩行者信号機認識手法", 2014年電子情報通信学会総合大会, March 2014.
  • Thongkam Chaiyapruk, 内田 理, "Kinectを利用した顔表情認識システム", 2014年電子情報通信学会総合大会, March 2014.
  • 端山 聖来, 小杉 将史, 北原 駿, 小川 浩輝, 青木 雄太郎, 内田 理, "観光写真を対象とした画像分類手法", 画像電子学会第269回研究会, Feb. 2014.
  • 北原 駿, 内田 理, "テニス競技映像自動分析手法の提案と選手へのフィードバックを目的とした分析結果可視化アプリケーションの構築", 画像電子学会第269回研究会, Feb. 2014.
  • 小杉 将史, 内田 理, "曲中のサビ区間を考慮した音楽向け映像生成手法", 画像電子学会第269回研究会, Feb. 2014.
  • 青木 雄太郎, 内田 理, 寺田 一美, 佐藤 勇喜, 福江 潔也, 長 幸平, "東日本大震災の復興状況を提示するWebシステムの構築", 画像電子学会第269回研究会, Feb. 2014.
  • 六瀬 聡宏, 清水 真, 古橋 慎之介, 高畑 洋貴, 近藤 直人, 佐藤 智貴, 遠藤 岳, 渡辺 雅文, 内田 理, "Twitterを用いた特定エリアにおける注目話題の抽出とその可視化", 第4回テキストマイニング・シンポジウム, Feb. 2014.
  • 白子 匠, 濱本 和彦, 松前 光紀, 黒田 輝, 内田 理, 厚見 秀樹, "VRを用いた脳室内視鏡手術支援システムに関する研究", 2013年度電子情報通信学会第3回イメージ・メディア・クオリティ研究会, Oct. 2013.
  • 六瀬 聡宏, 長島 俊, 内田 理, 鳥海 不二夫, "Twitterを用いた大規模災害時における情報提供システム", 第12回情報科学技術フォーラム(FIT2013), Sept. 2013.
  • 榎本 光, 内田 理, 鳥海 不二夫, "東日本大震災時のツイート分析によるデマ判別に有用な特徴抽出", 第12回情報科学技術フォーラム(FIT2013), Sept. 2013.
  • 小杉 将史, 内田 理, "曲中のサビ区間を考慮した音楽向け自動映像生成システム", 画像電子学会第266回研究会, Aug. 2013.
  • 北原 駿, 内田 理, "テニス競技映像からのプレー自動分析手法の提案", 画像電子学会第266回研究会, Aug. 2013.
  • 青木 雄太郎, 内田 理, 寺田 一美, 福江 潔也, 長 幸平, "震災復興状況提示Webシステムの構築", 画像電子学会第266回研究会, Aug. 2013.
  • 小杉 将史, 内田 理, "音楽に適合した映像生成システム", 画像電子学会第264回研究会, March 2013.
  • 新井 悠矢, 内田 理, "鮮鋭度比較によるベストショット選出手法", 画像電子学会第264回研究会, March 2013.
  • 厚見 秀樹, 松前 光紀, 濱本 和彦, 黒田 輝, 内田 理, "軟性神経内視鏡ナビゲーションシステム構築への取り組み", 第36回日本脳神経CI学会総会, Feb. 2013.
  • 長 幸平, 福江 潔也, 内田 理, 寺田 一美, "衛星観測と現地調査による被災地の環境再生モニタリングと地球環境教育の実践について", 日本写真測量学会平成24年度秋季学術講演会, Nov. 2012.
  • 厚見 秀樹, 松前 光紀, 内田 理, 黒田 輝, 濱本 和彦, "磁場センサーを用いた軟性神経内視鏡ナビゲーションシステムの構築へ向けて~3Dモデルを利用した疑似3次元像表示への試み~", 日本脳神経外科学会第71回学術集会, Oct. 2012.
  • 高橋 隆男, 合田(日向寺)祥子, 白澤 秀剛, 内田 理, 原田 渡, 宮城 枝里, "マルチタッチ・ディスプレイを採用した52型タブレット端末による次世代型教育・学習支援体制の構築", 平成24年度教育改革ICT戦略大会, Sept. 2012.
  • 小川 浩輝, 内田 理, "視覚障がい者の歩行補助を目的とした歩行者信号機認識システム", 画像電子学会第40回年次大会, June 2012.
  • 北原 駿, 内田 理, "画像処理を用いたテニス競技におけるデータ自動記録・分析手法の提案", 情報処理学会第74回全国大会, March 2012.
  • 鈴木 一輝, 内田 理, "ブログ記事上の評判情報と個人の観光嗜好を考慮した観光地の評価", 情報処理学会第74回全国大会, March 2012.
  • 鈴木 篤, 内田 理, "色情報と構図を基にした印象類似画像検索手法", 画像電子学会第260回研究会, March 2012.
  • 掛井 孝浩, 内田 理, "顔表情の時系列特徴を用いた映像コンテンツ検索支援", 画像電子学会第260回研究会, March 2012.
  • 高橋 達哉, 内田 理, "Smudge攻撃への耐性を有するスマートフォン向けユーザ認証手法", 画像電子学会第260回研究会, March 2012.
  • 進藤 晃教, 後藤 佑太, 内田 理, "デザイン性と視認性を考慮した二次元コード生成手法", 画像電子学会第260回研究会, March 2012.
  • 劉 志宇, 内田 理, "日本語を学習する外国人を対象とした日本語テキスト難易度推定手法", 第105回情報基礎とアクセス技術研究会・第205回自然言語処理研究会 合同研究発表会, Jan. 2012.
  • 堀内 要介, 内田 理, "ブログ記事に基づく概念属性の揺らぎ抽出", 第2回集合知シンポジウム, Jan. 2011.
  • 青木 翔, 内田 理, "ブログを用いた絵文字の感情ベクトル作成手法", 第2回集合知シンポジウム, Jan. 2011.
  • 山本 義郎, 内田 理, 川野辺 裕幸, 押野谷康雄, 高橋宏明, "初年次入門ゼミの必修化と入学前教育", 初年次教育学会第3回大会, Sept. 2010.
  • 張 楠, 内田 理, "無線LAN のアクセスポイントを利用したナビゲーションシステムの開発", 情報処理学会創立50周年記念全国大会, March 2010.
  • 山本 義郎, 川野辺 裕幸, 高橋 宏明, 内田 理, "ゼロセメスターからの初年次教育", 初年次教育学会第2回大会, Sept. 2009.
  • 後藤 佑太, 内田 理, "印刷物向け電子透かしに関する一考察", 画像電子学会第243回研究会, March 2009.
  • 豊島 巧, 井上 亜沙美, 近藤 奈緒, 張 楠, 中村 崇之, 富田 誠, 内田 理, 池村 明生, "PICTORI : 位置的関係と時間の共有によるコミュニケーション", 情報処理学会第71回全国大会, March 2009.
  • 小野 恭平, 内田 理, "皺と顔の部位の特徴量を利用した年齢推定", 情報処理学会第71回全国大会, March 2009.
  • 堀内 要介, 内田 理, "顔認証のなりすましにロバストな光源を用いた判別法", 情報処理学会第71回全国大会, March 2009.
  • 豊島 巧,富沢 和也,内田 理,中西 祥八郎, "GPS機能を利用した学生生活サポートシステム", 情報処理学会第70回全国大会, March 2008.
  • 後藤 佑太,篠原 学,内田 理,中西 祥八郎, "ウェーブレット係数の相関を用いた電子透かし", 情報処理学会第70回全国大会, March 2008.
  • 篠原 学,後藤 佑太, 内田 理, "SIFTを用いた幾何変形にロバストなハイブリッド型電子透かし", 画像電子学会第237回研究会, March 2008.
  • 松本 幹, 内田 理, 中西 祥八郎, "A Robust Face Detection Method Using Probability Maps and Modified Local Binary Patterns", 画像電子学会第237回研究会, March 2008.
  • 西村 章太,松本 幹, 内田 理, "携帯電話で撮影された顔画像に対する瞳検出手法", 画像電子学会第237回研究会, March 2008.
  • 大澤 和也,松本 幹, 内田 理, "ウェーブレットパケットを用いた回転不変な顔検出", 画像電子学会第237回研究会, March 2008.
  • 富沢和也, 内田 理, "ユーザの嗜好と行動履歴を利用した携帯電話向け地域情報配信システムの構築", 電子情報通信学会第10回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, Dec. 2007.
  • 吉村武, 内田 理, "アクセス履歴を利用したトレンドワードの推薦", 電子情報通信学会第10回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, Dec. 2007.
  • 石原 進一, 内田 理, "ソーシャルニュースサイトにおけるタグを利用したニュース記事推薦システム", 電子情報通信学会第10回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, Dec. 2007.
  • 松本 幹, 内田 理,中西 祥八郎, "Wavelet変換を用いた局所自己相関による顔検出", 画像電子学会第35回年次大会, June 2007.
  • 松本 和博, 内田 理, "ユーザの行動履歴を利用したSNSにおけるコミュニティ支援システム", 電子情報通信学会第8回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, March 2007.
  • 張 テイ, 内田 理, "RSSと汎用連想検索エンジンを用いた携帯端末向け情報配信システム", 電子情報通信学会第8回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, March 2007.
  • 本吉 史明, 篠原 学, 内田 理, "JPEG圧縮と幾何変形に対する耐性を有するハイブリッド型電子透かし", 画像電子学会第231回研究会, March 2007.
  • 戸塚 遊, 内田 理, "PNGのフィルタを用いた領域分割に基づく自然人工混在画像の圧縮", 情報処理学会第56回オーディオビジュアル複合情報処理研究会, March 2007.
  • 松本 幹, 内田 理,中西 祥八郎, "Geometric Gabor Waveletの提案とその性能評価", 2007年暗号と情報セキュリティシンポジウム, Jan. 2007.
  • 平井 和宏, 内田 理, 中西 祥八郎, "ガボールウェーブレット変換を用いた顔認証における特徴点の削減", コンピュータセキュリティシンポジウム CSS2006, Oct. 2006.
  • 本吉 史明, 内田 理, 中西 祥八郎, "人間の視覚特性を考慮したWavelet変換に基づく電子透かし", コンピュータセキュリティシンポジウム CSS2006, Oct. 2006.
  • 秋山 俊宏, 本吉 史明, 内田 理, 中西 祥八郎, "Wavelet変換による人間の視覚特性を考慮した電子透かし", 画像電子学会第224回研究会, March 2006.
  • 松本 幹,内田 理,中西 祥八郎, "肌色抽出を利用した照明条件にロバストな顔特徴点抽出", 情報処理学会第68回全国大会, March 2006.
  • 吉村 武,松本 和博,内田 理,中西祥八郎, "アクセス情報を用いたWEBサイトの流行判定とそのサイト推薦システムへの応用", 情報処理学会第68回全国大会, March 2006.
  • 石原 進一,松本 和博,内田 理,中西 祥八郎, "タグを利用したWebサイト検索", 情報処理学会第68回全国大会, March 2006.
  • 畠中 淳,内田 理,中西 祥八郎, "ユーザの指向を考慮した献立配信システムの提案", 情報処理学会第68回全国大会, March 2006.
  • 富沢 和也,内田 理,中西 祥八郎, "ユーザの嗜好と位置情報を利用した携帯電話向け地域ポータルサイトの構築", 情報処理学会第68回全国大会, March 2006.
  • 吉川 裕章, 張 テイ, 富沢 和也, 内田 理, 中西 祥八郎, "モバイルユーザのニーズを考慮した情報取得支援型ポータルサイトの構築", 情報処理学会第67回全国大会, March 2005.
  • 吉川 裕章, 小林 圭一, 杉浦 直哉, 張 テイ, 内田 理, 中西 祥八郎, "フレームが用いられたWebコンテンツの携帯端末向け変換手法", 情報処理学会第67回全国大会, March 2005.
  • 吉川 裕章, 畑中 貴生, 中村 英治, 内田 理, 中西 祥八郎, "携帯端末によるWebページ閲覧のためのコンテンツ変換手法", 情報処理学会第67回全国大会, March 2005.
  • 松本 和博, 與良 光一郎, 内田 理, 中西 祥八郎, "パーソナル化を利用したWEBサイト推薦システム", 情報処理学会第67回全国大会, March 2005.
  • 秋山 俊宏, 本吉 史明, 内田 理, 中西 祥八郎, "人間の色覚特性を考慮した情報ハイディング", 情報処理学会第67回全国大会, March 2005.
  • 本吉 史明, 秋山 俊宏, 内田 理, 中西 祥八郎, "視覚特性を考慮したカラー画像への情報ハイディング", 画像電子学会第216回研究会, March 2005.
  • 荒木 祐人, 内田 理, 中西 祥八郎, "モバイルユーザのニーズを考慮したWeb情報の配信", 情報処理学会第117回マルチメディア通信と分散処理研究会,March 2004.
  • 吉川 裕章, 内田 理, 中西 祥八郎, "携帯端末での閲覧に向けたWebコンテンツ自動変換", 情報処理学会第117回マルチメディア通信と分散処理研究会,March 2004.
  • 吉川 裕章, 高梨 崇広, 内田 理, 中里 純二, 中西 祥八郎, "携帯端末向け画像解像度変換システム", 情報処理学会第111回マルチメディア通信と分散処理研究会, Feb. 2003.
  • 内田 理, "可変長非一様乱数の最大生成レート", 第23回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.137-140, Oct. 2000.
  • Osamu Uchida and Te Sun Han, "The Optimal Overflow and Underflow Probabilities with Variable-Length Coding for the General Source", 電子情報通信学会情報理論研究会, March, 1999.
  • Osamu Uchida and Te Sun Han, "Overflow Probability of FV Codeword Lengths for the General Source", Memorial Workshop for the 50th Aniversary of the Shannon Theory, Jan. 1999.
  • Te Sun Han and Osamu Uchida, "Source Codes with Cost as Random Number Generators", 第21回情報理論とその応用シンポジウム, Dec. 1998.
  • Osamu Uchida and Te Sun Han, "Performance Analysis of Interval Algorithm for Generating Markov Processes", 第21回情報理論とその応用シンポジウム, Dec. 1998.
  • 内田 理, "符号シンボルのコストが等価でない場合の有歪みユニバーサル符号", 第20回情報理論とその応用シンポジウム, Dec. 1997.
  • 内田 理, 植松 友彦, "符号語コストを最小にする有歪みユニバーサル情報圧縮", 電子情報通信学会情報理論研究会,Jan. 1997.
  • 内田 理, 遠藤 哲郎, "CSD法を用いた最小値探索手法とそのBPへの応用", 1995電子情報通信学会総合大会, March, 1995.